デジタル技研の「日本語簡単片手キーボード」は初心者・高齢者・片手不自由者に朗報・・・
日本語簡単入力キーボードのデジタル技研トップページへ



2017年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

11/25
AIの進歩と人間(追記5)
11/18
オーストラリアで子育て
11/17
米国の最近のトレンド
11/17
デジタル化の落とし穴
10/25
政治と戦略
10/19
AIソフトの進化
09/19
孤独死解消に向けて
08/30
戦争と平和
06/10
ラジオの深夜放送
06/10
在宅医療の普及
05/30
コトバによる虚構(追記7)
05/02
書評「サピエンス全史」
03/18
注目されるAI囲碁(追記5)
03/18
トランプ大統領と人類(追記2)
01/07
2017新春3題(追記4)
12/15
無限数とコンピューター
11/07
センテナリアン
10/21
ノーベル文学賞
07/06
AIブームの到来(追記13)
06/16
時代と世の中(追記3)
04/16
重力波の予言と観測
03/18
囲碁ソフトの衝撃(追記5)
03/16
2016年新春3題(追記4)
09/01
不安の解消
07/09
遺伝とコトバ(追記4)
06/26
人間が生きるということ
06/18
コンピュター事始め(追記26)
06/07
文化・文明と真・善・美
06/06
人間とはなにか
05/30
ITとコトバ(追記9)
05/29
自然と文化・文明
05/26
自然情報と人間情報
05/24
人類の見る宇宙
05/23
幼児の記憶
05/20
コトバ習得の代償
05/16
初めにことばありき
05/10
遺伝と環境
05/08
コトバの習得の不思議
05/05
チンパンジーの赤ちゃん
01/07
新春3題(平成27年頭)
12/27
XPのサポート終了に物申す
11/27
ウェアラブル機器
06/30
情報の過去・現在・未来(追記18
05/27
情報と哲学的認識論
04/15
タッチパッドの問題点
01/12
ITと人権思想
01/08
新年のIT3題(追記2)
12/25
USBキーボード入力
12/25
IMEのユ−ザ−辞書入力の利用法
11/15
世界観とIT
10/16
ITの思いがけない効果
09/17
プログラマブル キーボード
06/12
ITと健康法
05/28
ITと考えるということ(追記6)
05/03
IT製品のすぐれもの2題(追記2
02/12
俳句と短歌
02/12
統計データ(追記5)
12/11
ユーロ危機の根本問題(追記2)
12/05
為替レートと電子産業の苦境
11/30
コトバの2つの使い方(追記3)
10/31
袋小路(追記7)
08/10
ソフト開発コストの回収
07/13
デジタルデータの市場(追記6)
06/12
多数決の意味(追記8)
06/09
ボランティア活動(追記6)
05/31
想定外の原発事故(追記4)
05/29
新メディア(電子書籍など)追記2
05/22
囲碁ルールと囲碁ソフト(追記3)
05/17
ITと脳のできること(追記4)
04/23
情報の起源と意味(追記5)
04/17
ピアノ演奏と文字入力(追記3)
04/06
日本語と中国語(追記6)
03/17
「かな」と「ハングル」(追記5)
03/14
ネットの面白い活用例(追記3)
03/13
タブレットPCの発売
03/07
アナログ/デジタルとソフト文化
03/01
日本の半導体産業のいくえ(追記2
02/21
PCと将棋棋士の対局(追記6)
02/18
スマホ、携帯、パソコン(追記2)
02/17
デジタル機器の汎用機と専用機
02/16
日中韓の「ことば」と相互交流
02/15
オカネとコトバの不思議(追記8)
02/14
観光立国とIT
02/12
日本語の国際化
02/07
日本語の特徴と文字入力

記事は85件あります。





社長のブログ



社長のブログは「デジタル技研専用SNS」へ引越しました。

こちらをクリック




  時代と世の中(追記3) 00000068 2016年06月16日 北村拓郎

舛添都知事の辞任が決まったようである。

 決め手となったのは、参院選への悪影響を懸念した自民党と公明党の知事への不信任の態度表明である。今の時代の政治の世界では、選挙に勝つことと選挙民の意向に添うことがなによりも大切で、民主主義が皮肉な形で貫徹されたといえよう。

 もう一方では、知事の時代錯誤の傲岸な態度と庶民感覚とのずれが問題の根底にある。自分でないと他の人には知事が務まらないとの思い込みや、自分のようなエリートには、少しばかりの公費での無駄使いや贅沢が許されるなど。舛添さんが知事にならなくても、誰かが知事になって世の中が回っていくであろう(たとえば、だれでも急逝することがあるなど)。公私を混同した税金の無駄使いは、知事として、率先垂範して、避けるべき立場にあり、庶民からの厳しい糾弾も当然である。

 このような不祥事がメデイアやSNSで瞬く間に報道され、糾明されるのもITの発達のおかげである。

 平成28年6月

北村 拓郎


  小池知事の登場 00000068 2016年09月16日 北村拓郎

 時代の閉塞感を破るように小池知事が登場した。

大方の予想に反して、他の候補を大差で破り、小池さんが、都知事に就任した。都民ファーストを掲げての登場である。勝因で、大きいのは、既成政党や、既成勢力に対する不信と、刷新への期待感であろう。

 都議会との対立が、懸念されているが、今後は目に見える実績が問われている。目下は、盛り土問題とオリンピックの予算問題が目立っているが、いろいろな問題でのお手並みが問われている。

 選挙を通じて、世論調査の信頼性が問われているなかで、ITの政治面での真の意味での民主的な活用が重要性を増している。

 平成28年11月
 北村 拓郎


  トランプ現象 00000068 2016年11月30日 北村拓郎

 大方の予想に反して、アメリカ次期大統領にトランプ氏が、当選した。最近のサプライズをあげると、英国のEUからの離脱となった国民投票、孤軍奮闘の小池知事の登場、メディアの予測とは、大きく違ったトランプ氏の勝利、急に持ち上がった韓国大統領の弾劾騒ぎと、辞任声明と続いている。それぞれの背景と、事情はことなっているが、共通点もある。

 共通点をあげるとつぎの点が考えられる。

 ・時代の閉塞感から、変化を求める大衆の声がある。
 ・変化の後の問題解決が、明確でない、あるいは、解決策は矛盾に満ちている。
 ・SNSなどの浸透により、公明正大が、求められ、隠し事が少なくなった。

アメリカの大統領選は、これらに加えて、人種や、女性問題が、からんでいる(白人男性の票が、接戦州で、トランプ支持に傾いた)。
 4年後あるいは、8年後には、この事情は大いにことなり、ゆり戻しが起きよう(人口構成から、白人男性は、少数派となる)。

 安定しているように見える日本の政情も4年後、6年後には、大変革に見舞われかもしれない。

 平成28年11月

 北村 拓郎





節は全部で3節あります。


前頁へ戻る       閉じる
All rights reserved DigiTech Lab. ©2012