デジタル技研の「日本語簡単片手キーボード」は初心者・高齢者・片手不自由者に朗報・・・
日本語簡単入力キーボードのデジタル技研トップページへ



2017年08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

06/10
深夜放送
06/10
在宅医療の普及
05/30
コトバによる虚構
05/02
書評「サピエンス全史」
03/18
注目されるAI囲碁(追記5)
03/18
トランプ大統領と人類(追記2)
01/07
2017新春3題(追記4)
12/15
無限数とコンピューター
11/07
センテナリアン
10/21
ノーベル文学賞
07/06
AIブームの到来(追記13)
06/16
時代と世の中(追記3)
04/16
重力波の予言と観測
03/18
囲碁ソフトの衝撃(追記5)
03/16
2016年新春3題(追記4)
09/01
不安の解消
07/09
遺伝とコトバ(追記4)
06/26
人間が生きるということ
06/18
コンピュター事始め(追記26)
06/07
文化・文明と真・善・美
06/06
人間とはなにか
05/30
ITとコトバ(追記9)
05/29
自然と文化・文明
05/26
自然情報と人間情報
05/24
人類の見る宇宙
05/23
幼児の記憶
05/20
コトバ習得の代償
05/16
初めにことばありき
05/10
遺伝と環境
05/08
コトバの習得の不思議
05/05
チンパンジーの赤ちゃん
01/07
新春3題(平成27年頭)
12/27
XPのサポート終了に物申す
11/27
ウェアラブル機器
06/30
情報の過去・現在・未来(追記18
05/27
情報と哲学的認識論
04/15
タッチパッドの問題点
01/12
ITと人権思想
01/08
新年のIT3題(追記2)
12/25
USBキーボード入力
12/25
IMEのユ−ザ−辞書入力の利用法
11/15
世界観とIT
10/16
ITの思いがけない効果
09/17
プログラマブル キーボード
06/12
ITと健康法
05/28
ITと考えるということ(追記6)
05/03
IT製品のすぐれもの2題(追記2
02/12
俳句と短歌
02/12
統計データ(追記5)
12/11
ユーロ危機の根本問題(追記2)
12/05
為替レートと電子産業の苦境
11/30
コトバの2つの使い方(追記3)
10/31
袋小路(追記7)
08/10
ソフト開発コストの回収
07/13
デジタルデータの市場(追記6)
06/12
多数決の意味(追記8)
06/09
ボランティア活動(追記6)
05/31
想定外の原発事故(追記4)
05/29
新メディア(電子書籍など)追記2
05/22
囲碁ルールと囲碁ソフト(追記3)
05/17
ITと脳のできること(追記4)
04/23
情報の起源と意味(追記5)
04/17
ピアノ演奏と文字入力(追記3)
04/06
日本語と中国語(追記6)
03/17
「かな」と「ハングル」(追記5)
03/14
ネットの面白い活用例(追記3)
03/13
タブレットPCの発売
03/07
アナログ/デジタルとソフト文化
03/01
日本の半導体産業のいくえ(追記2
02/21
PCと将棋棋士の対局(追記6)
02/18
スマホ、携帯、パソコン(追記2)
02/17
デジタル機器の汎用機と専用機
02/16
日中韓の「ことば」と相互交流
02/15
オカネとコトバの不思議(追記8)
02/14
観光立国とIT
02/12
日本語の国際化
02/07
日本語の特徴と文字入力

記事は77件あります。





社長のブログ



社長のブログは「デジタル技研専用SNS」へ引越しました。

こちらをクリック




  2016年新春3題(追記4) 00000065 2016年03月16日 北村拓郎

 今年の新春3題は、正月でもなく、旧正月でもなく、春の弥生となりました。

 ・AIソフト
 ・ISなどのテロ
 ・植物の知性

 をITとの関連で語ります。

平成28年3月
 北村 拓郎


  AIソフト(グーグル囲碁ソフト) 00000065 2016年03月16日 北村拓郎

 AI(Artificial Inteligence)人工知能ソフトが脚光を浴びている。グーグルが、囲碁対局ソフトを開発し、世界のトッププロに4勝1敗(5戦マッチ)とした。

 いままで、トッププロには、4子をおいて対戦していたのが、対等の対戦になったようだ。同じ手法が他の分野にも適用されると、人間の仕事や活動が、コンピューターに代替されたり、CAD(Computer Aided ...)の範囲が一挙に広がり、大きな社会問題になるという。

 一般的な囲碁の性質を整理しておく。
・NxM(N M 自然数)の格子に白黒を交互においていく地取りゲーム
・普通は、N=19 M=19で、楽しまれている。
・場合の数が、有限であるから、必ずしも1つとは限らない最善解(必勝法)が存在する(先 手が有利などで6〜7目などのハンデキャップをつける(コミ)。
・N Mが6までは、場合の数が数え上げられ、必勝法が知られているが、7以上は、場合 の数が多く、必勝法は、知られていないようだ。
・まして、N=19 M=19の場合の数は、天文学的数字となり、宇宙の原子の数ほどのコン ピューターが、協力して計算しても、場合の数を尽くすことができないであろう。コン ピュターは、原子/分子で構成されるから、原理的に、現在の技術では、この計算は、 出来ない。
・数えつくさない限り、最善手の証明とはならない。
・囲碁の実力には、上には上があり、トッププロを頂点に序列が、つけられていた。

 今回のグーグルのAIソフトは、トッププロに匹敵する実力が実証された。いままでのソフトとの大きな違いは、ソフトが、学習して、強くなっていくことである。
 人間がしていることをソフト(コンピュター)がまねをしているということで、人間をお手本にしているので、人間を圧倒的に凌駕するわけではない。しかし、最善手を求めて、トッププロと切磋琢磨する状態になったといえるであろう。棋士の役割も変わる可能性もある。コンピュターが、昼夜を問わず自己学習をして、実力を挙げるので、棋士は、トップロも含めて、コンピューターに教わることも考えられる。さらに、この手法は囲碁の世界を越えて、世の中に大きな影響を及ぼす可能性がある。今回の対局ソフトは、何千台ものコンピュターの連係動作で、対応したという。その程度の量と速度であれば、いずれ、商用パソコンレベルでも実現されることが考えられる。最善解の証明は、今のコンピュータの手の届くところにはなさそうで、筆者は、人類の生存期間中の最善手の証明に悲観的だが、発想が違った将来のコンピューターらしきものが最善解を証明することを否定はできない。

 AIソフトがこのレベルになると、現在の実際の仕事の半分程度が、コンピュターで、代替えされるであろうといわれている。

 これからの日本は、少子化で人手不足になるので、AIソフトの活用が期待されるが、適切に対処しないと、失業問題や、経済不況問題の陥穽に落ちる恐れもある。

平成28年3月

北村 拓郎



 




  ISなどのテロ 00000065 2016年03月16日 北村拓郎

 テロや戦争の暴力は、人間社会の本質的な問題を解決しない。なぜならば、人間社会とは、コトバで築かれた、いわば虚構の世界だからです。

 自然な世界は、自然法則が支配する物理的な世界であり、進化論の世界ですが、人間は、自然法則の制約のもとで、コトバを身につけて、協力し、知恵を働かして、生活しています。このスタイルでは、暴力は、害になることが多いとして、排除される方向にあります。少なくとも暴力だけでは、なにもできません。戦争にも宣戦布告と講和があり、テロもいろいろなコトバ(犯行声明など)が用意されます。

 テロや戦争には当事者の言い分があります。お互いの言い分を聞いて、妥協点を探るより仕方がありません。なくした命は戻りません。自爆テロや、特攻隊ほど、おろかな選択はないはずですが、少しづつ賢くなるのか、状況が変わり、人々の意識が変わり、根絶されるのか、世の中の不条理(コトバの生み出した)の不思議です。

 平成28年3月

北村 拓郎



  植物の知性 00000065 2016年03月16日 北村拓郎

 「植物は知性を持っている」ステファノ・マンクーゾ他著という本が出版され話題を呼んでいる。

 ここでは、知性とは、生物が生きていく上での知恵であると定義し、通常の概念とは異なります。通常、知性は、脳神系統を持つ、動物の世界、とりわけ、人間特有の性質と考えられてきました。しかし、知性の定義をこのように、変えれば、新たな世界が広がります。

 地球全体で、植物のバイオマス(生命体の総重量)は、動物に比べて圧倒的に多く(動物のそれは、植物の3%程度)、動物は植物のおかげで(寄生して)、暮らしています。植物は動物のように移動せず、脳神経系統をもたず、一部が損傷を受けても、個体の致命的な損傷にならず、動物といきざまが違います。人間目線でなく、生物としての生き様(情報処理とレスポンス)を観察考究することが、これからのITの研究に有益だと著者がいいます。たとえば、動物の6感に対して、植物は20感(地磁気など)を備えているという。

平成28年3月

北村 拓郎



節は全部で4節あります。


前頁へ戻る       閉じる
All rights reserved DigiTech Lab. ©2012