デジタル技研の「日本語簡単片手キーボード」は初心者・高齢者・片手不自由者に朗報・・・
日本語簡単入力キーボードのデジタル技研トップページへ



2017年06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

06/10
深夜放送
06/10
在宅医療の普及
05/30
コトバによる虚構
05/02
書評「サピエンス全史」
03/18
注目されるAI囲碁(追記5)
03/18
トランプ大統領と人類(追記2)
01/07
2017新春3題(追記4)
12/15
無限数とコンピューター
11/07
センテナリアン
10/21
ノーベル文学賞
07/06
AIブームの到来(追記13)
06/16
時代と世の中(追記3)
04/16
重力波の予言と観測
03/18
囲碁ソフトの衝撃(追記5)
03/16
2016年新春3題(追記4)
09/01
不安の解消
07/09
遺伝とコトバ(追記4)
06/26
人間が生きるということ
06/18
コンピュター事始め(追記26)
06/07
文化・文明と真・善・美
06/06
人間とはなにか
05/30
ITとコトバ(追記9)
05/29
自然と文化・文明
05/26
自然情報と人間情報
05/24
人類の見る宇宙
05/23
幼児の記憶
05/20
コトバ習得の代償
05/16
初めにことばありき
05/10
遺伝と環境
05/08
コトバの習得の不思議
05/05
チンパンジーの赤ちゃん
01/07
新春3題(平成27年頭)
12/27
XPのサポート終了に物申す
11/27
ウェアラブル機器
06/30
情報の過去・現在・未来(追記18
05/27
情報と哲学的認識論
04/15
タッチパッドの問題点
01/12
ITと人権思想
01/08
新年のIT3題(追記2)
12/25
USBキーボード入力
12/25
IMEのユ−ザ−辞書入力の利用法
11/15
世界観とIT
10/16
ITの思いがけない効果
09/17
プログラマブル キーボード
06/12
ITと健康法
05/28
ITと考えるということ(追記6)
05/03
IT製品のすぐれもの2題(追記2
02/12
俳句と短歌
02/12
統計データ(追記5)
12/11
ユーロ危機の根本問題(追記2)
12/05
為替レートと電子産業の苦境
11/30
コトバの2つの使い方(追記3)
10/31
袋小路(追記7)
08/10
ソフト開発コストの回収
07/13
デジタルデータの市場(追記6)
06/12
多数決の意味(追記8)
06/09
ボランティア活動(追記6)
05/31
想定外の原発事故(追記4)
05/29
新メディア(電子書籍など)追記2
05/22
囲碁ルールと囲碁ソフト(追記3)
05/17
ITと脳のできること(追記4)
04/23
情報の起源と意味(追記5)
04/17
ピアノ演奏と文字入力(追記3)
04/06
日本語と中国語(追記6)
03/17
「かな」と「ハングル」(追記5)
03/14
ネットの面白い活用例(追記3)
03/13
タブレットPCの発売
03/07
アナログ/デジタルとソフト文化
03/01
日本の半導体産業のいくえ(追記2
02/21
PCと将棋棋士の対局(追記6)
02/18
スマホ、携帯、パソコン(追記2)
02/17
デジタル機器の汎用機と専用機
02/16
日中韓の「ことば」と相互交流
02/15
オカネとコトバの不思議(追記8)
02/14
観光立国とIT
02/12
日本語の国際化
02/07
日本語の特徴と文字入力

記事は77件あります。





社長のブログ



社長のブログは「デジタル技研専用SNS」へ引越しました。

こちらをクリック




  デジタルデータの市場(追記6) 00000025 2012年07月13日 北村拓郎

DL-Marketと呼ばれるWebサイトがあります(http://www.dlmarket.jp/)。このサイトでは、いろいろなデジタルデータが、販売者によって、アップロードされており、購買者がデータを選択して、ダウンロードできます。実にシンプルな仕組みであり、サイトは、デジタルデータ商品のマーケットとして、仲介機能を果たしています。世の中には、いろいろなマーケット(市場)がありますが(たとえば、魚市場、株式市場、楽天などネット市場)、DL-Marketは、デジタルデータ商品に特化したネット市場です。

 ネットでのデジタルデータ商品の登場は、まだ日が浅く、いろいろな展開が期待されますが、DL-Marketを題材に、市場の特質などを考察してみましょう。

 続く

 平成24年7月

 北村 拓郎




  デジタルコンテンツという概念 00000025 2012年07月17日 北村拓郎

DLマーケットには、デジタルコンテンツという形で、あらゆる情報が、商品として、掲載されます。形式は、書籍、資料、画像、音楽、音声、テンプレート、チケット、ソフトウェアなどです。

 デジタルコンテンツの特徴は、物販を伴わないことです。また、1点が5000円程度までの小額商品が対象となっています。

 商品の輸送、在庫、保険など物販に比べて、コストははるかにかかりません。

 一般に、デジタルコンテンツの大きなコストは、開発コストです。製造コストは、はるかに低くなります。
 販売数量が増えるに応じて、単位あたりのコストは、ゼロに近づいていきます。ちょうど本や、CDレコードの出版事業とよく似た構造です(さらに、製造コストと流通コストが安くなった)。

 DLマーケットの運営主体は、店舗を持たない販売業者です。物販の場合の、卸と小売を兼ねています。

 また、商品の中には、無料のものもたくさんあります。無料で、提供する動機にはいろいろあると思われます。

 
続く

 平成24年7月 北村 拓郎

 
 


  無料サービスの意味 00000025 2012年07月18日 北村拓郎

 デジタルコンテンツには、無料の商品がたくさんあります。この意味について、考えてみましょう。

 ・昔の互酬習慣の名残で、役に立つものは、自由に利用して下さい。という考えから、
  商品を提供する(製造コストは、ゼロだから)。
 ・表現意欲を満足させるため。
 ・なんらかの意味で、知名度が上がり、ビジネスの宣伝効果を狙う。
 ・有料商品と組み合わせてビジネスとして、考える(機能を制限して無料商品とする)。
 ・古くなったものは(コストを回収したものなど)、無料にする。

 物販の世界では少なかった無料の商品が、デジタルコンテンツの世界では、当たり前になり、ビジネスの考え方が、変わっていくかもしれません(売価の設定方法が変わる、有料の商品が、無料の商品と競合する)。

 続く

 平成24年7月
 北村 拓郎




  商品の対象 00000025 2012年07月19日 北村拓郎

 デジタルコンテンツは、ダウンロードできるものに限られますが、商品の仕様は、固定されているなどの制限があります。今後、対象となる商品が、拡大される可能性などを考えてみましょう。

 世の中の商品は、大きく分けて、物販とサービスが、あります(物販とサービスがセットになっているものもあります)。ダウンロードできるものは、サービスに限られます。

 サービスには、顧客が、サービス内容に、次のように、注文をつける場合があります。

(1)商品の選択肢を増やして、顧客が、内容を選べる。
(2)商品の仕様の一部の変更を顧客が要求する。
(3)製造とサービスを切り離して、サービスされ、顧客が、選択する。
(4)業者と顧客が、相対で注文をする。

(1)については、DLマーケットでも、対応は可能です。
(2)については、たとえば、車などのオプションや、カストマイズの機能で、DLマーケットでも、対応は可能です。しかし、いかに、わかりやすく顧客に提示し、顧客の注文を受け付ける機能を備えるかが、問題となります。一方的なダウンロード機能だけでは、済みません。

(3)についてのサービスの例では、建築士と建築施工や、医師と薬剤師などのサービスの例があります。医師のサービスは、DLの対象には、なりませんが、医師が薬剤のチケットを発行すれば、薬剤は、宅配などと組み合わせて、DLの対象となりえます(法律上の規制は別として)。

(4)についての例では、ITシステムの構築サービスがあります。SEが、顧客と相対で、システム構築仕様を作り、ソフトは、ソフト開発業者が、行います。これらの商品は、すべて、デジタルコンテンツの形にまとめられますが、いまのところ、DLマーケットには、なじみません。将来的には、クラウド機能などと組み合わせて、DLマーケットの対象になるかもしれません。

 いずれにしても、DLの最大の課題は、それを必要とする顧客に簡単に、アクセスでき、顧客に、受け入れられという、ビジネスの原点に、帰着します。

 続く

平成24年7月
 北村 拓郎



 




  DLマーケットへの商品登録 00000025 2012年07月19日 北村拓郎

 DLマーケットへの商品登録は、http://www.dlmarket.jp/で、販売者として、登録することにより、行うことができます。

 弊社では、次の商品を登録しています。「ナオミの日記」、「簡単キー50」、
「五十音ソフトVer3.0」これらの商品を検索するには、DLマーケットのトップページの詳細検索から、d-techをキーワードとして、アクセスすることができます。

 検索は、カテゴリー検索でも可能です。「ナオミの日記」は、電子書籍のカテゴリーで、「簡単キー50」と「五十音ソフトVer3.0」は、ソフトウェアのカテゴリーです。

 今後、このような、登録を充実していきたいと考えております。

 以上

 平成24年7月

 北村 拓郎


  3D プリンター 00000025 2012年10月12日 北村拓郎

 最近、3Dプリンターといわれるプリンターが、商品化されている。通常のプリンターは、紙などに、2次元の模様を印刷する。3Dプリンターは、3次元の立体を加工する。材質は、金属、プラスチック、木材などである。最近は、プリンターの価格が、数万円のものもある。デジタルデータで加工されるので、3Dプリンターとデジタルデータが商品となり得る。あらたな、商品の製造の流通の形態が出現する。

 平成24年10月
 
 北村 拓郎



節は全部で6節あります。


前頁へ戻る       閉じる
All rights reserved DigiTech Lab. ©2012