デジタル技研の「日本語簡単片手キーボード」は初心者・高齢者・片手不自由者に朗報・・・
日本語簡単入力キーボードのデジタル技研トップページへ



2017年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

09/19
孤独死解消に向けて
08/30
戦争と平和
06/10
ラジオの深夜放送
06/10
在宅医療の普及
05/30
コトバによる虚構(追記7)
05/02
書評「サピエンス全史」
03/18
注目されるAI囲碁(追記5)
03/18
トランプ大統領と人類(追記2)
01/07
2017新春3題(追記4)
12/15
無限数とコンピューター
11/07
センテナリアン
10/21
ノーベル文学賞
07/06
AIブームの到来(追記13)
06/16
時代と世の中(追記3)
04/16
重力波の予言と観測
03/18
囲碁ソフトの衝撃(追記5)
03/16
2016年新春3題(追記4)
09/01
不安の解消
07/09
遺伝とコトバ(追記4)
06/26
人間が生きるということ
06/18
コンピュター事始め(追記26)
06/07
文化・文明と真・善・美
06/06
人間とはなにか
05/30
ITとコトバ(追記9)
05/29
自然と文化・文明
05/26
自然情報と人間情報
05/24
人類の見る宇宙
05/23
幼児の記憶
05/20
コトバ習得の代償
05/16
初めにことばありき
05/10
遺伝と環境
05/08
コトバの習得の不思議
05/05
チンパンジーの赤ちゃん
01/07
新春3題(平成27年頭)
12/27
XPのサポート終了に物申す
11/27
ウェアラブル機器
06/30
情報の過去・現在・未来(追記18
05/27
情報と哲学的認識論
04/15
タッチパッドの問題点
01/12
ITと人権思想
01/08
新年のIT3題(追記2)
12/25
USBキーボード入力
12/25
IMEのユ−ザ−辞書入力の利用法
11/15
世界観とIT
10/16
ITの思いがけない効果
09/17
プログラマブル キーボード
06/12
ITと健康法
05/28
ITと考えるということ(追記6)
05/03
IT製品のすぐれもの2題(追記2
02/12
俳句と短歌
02/12
統計データ(追記5)
12/11
ユーロ危機の根本問題(追記2)
12/05
為替レートと電子産業の苦境
11/30
コトバの2つの使い方(追記3)
10/31
袋小路(追記7)
08/10
ソフト開発コストの回収
07/13
デジタルデータの市場(追記6)
06/12
多数決の意味(追記8)
06/09
ボランティア活動(追記6)
05/31
想定外の原発事故(追記4)
05/29
新メディア(電子書籍など)追記2
05/22
囲碁ルールと囲碁ソフト(追記3)
05/17
ITと脳のできること(追記4)
04/23
情報の起源と意味(追記5)
04/17
ピアノ演奏と文字入力(追記3)
04/06
日本語と中国語(追記6)
03/17
「かな」と「ハングル」(追記5)
03/14
ネットの面白い活用例(追記3)
03/13
タブレットPCの発売
03/07
アナログ/デジタルとソフト文化
03/01
日本の半導体産業のいくえ(追記2
02/21
PCと将棋棋士の対局(追記6)
02/18
スマホ、携帯、パソコン(追記2)
02/17
デジタル機器の汎用機と専用機
02/16
日中韓の「ことば」と相互交流
02/15
オカネとコトバの不思議(追記8)
02/14
観光立国とIT
02/12
日本語の国際化
02/07
日本語の特徴と文字入力

記事は79件あります。





社長のブログ



社長のブログは「デジタル技研専用SNS」へ引越しました。

こちらをクリック




  日本の半導体産業のいくえ(追記2) 00000011 2012年03月01日 北村拓郎

 2月28日の日経朝刊一面のトップ記事は「エルピーダ更生法申請」で、各メディアでも、「エルピーダ」の倒産のニュースが大きく報じられた。エルピーダは、デジタル機器に必須のDRAMの日本で唯一の専業メーカーである(NECと日立のメモリ事業部門が切り出された合弁会社が母体で1999年に設立された)。エルピーダの再生が、どうなるのかは、日本のみならず世界の半導体産業のいくえに、大きな影響がある。
 
 1980年代に、日本の半導体製品が、米国で、急激に市場を席巻し、米国の半導体産業は、青息吐息の壊滅寸前に追い込まれた。これは、自由貿易(グローバル化)と国際金融(為替レートなど)制度下での自由競争の結果、日本企業が、米国企業に圧倒的に勝利した例である(日本政府の長年の産業政策が実ったともいえる)。
 
 このとき、日米政府が介入し、日本企業の市場シェアーを抑えるとともに、日米企業の棲み分けが誘導された。すなわち、コンピュータ(主としてPC)のメモリ(DRAM)は、日本企業に、CPU(MPU)は、米国企業に配分された。いまでは、メモリもCPUも多様化し、PC用以外の用途も多いが、当時はPC用のウェイトが高かった。
 
 当時は、半導体製品に占めるメモリの比率が高く、事業的にもメモリのうまみが多かった(技術開発や生産の点で)。従って、市場での日本勢の有利は、変わらないと予想された。
 しかし、事情は大きく変わった。CPUは、米国(Intel)が市場を独占する一方、メモリでは、韓国勢が、韓国政府の後押しと為替レートに助けられ、予想以上のテンポで、伸長を見せて、日本勢に迫った。今回のエルピーダの苦境は、韓国勢との競争に敗れた結果である(因果はめぐり、日本を範とした韓国政府の産業政策が成功したともいえる)。日米半導体摩擦の当時と違って、関係各国政府の介入はなかった(日本政府は、手を拱いて、ほとんど何もせずなにもできなかった)。

 CPUでは、日本勢が米国勢に(CPU)市場を譲って以来、Intelの独占状態が続き、技術的な事情もあって、韓国勢の参入障壁は高く、米国の半導体産業は、日本のように韓国勢の影響を受けていない。なお、日本勢が、CPUを米国勢に譲った事情のひとつに、CPUの著作権問題紛争に対する懸念もあった。Intelは、86CPUのファームウエァの著作権を主張していた。日本勢は、メモリに加えて、Intel互換の86CPUで、市場を席巻していたのである。

 以上、みたように、今回のエルピーダの倒産の遠因は、1980年代の日米半導体摩擦とその決着にある(そもそも、その決着がなければ、エルピーダの設立もなかったかもしれないが)。韓国企業のここ10数年前からの血のにじむようながんばりを多とするとしても、メモリ市場の韓国勢による独占は、デジタル機器の健全な発展にとっても望ましくないと思われる。韓国勢の圧倒的な資金力に対抗し、不利な為替レートのもとで、エルピーダの再生は、茨の道を歩むことになると思われるが、日本のDRAMの伝統を生かした、再生策に期待したい(資金力を跳ね返す技術力など)。

 北村 拓郎 平成24年3月 


  日本連合による再建 00000011 2013年02月12日 北村拓郎

 メモリー系の半導体のエルピーダの再建は、アメリカの会社に委ねられたが、最近の報道では、非メモリー系のルネッサンスの再建は、日本政府の主導によって、日本のユーザーを含む日本連合によって、行われるようである。

構築中



節は全部で2節あります。


前頁へ戻る       閉じる
All rights reserved DigiTech Lab. ©2012