デジタル技研の「日本語簡単片手キーボード」は初心者・高齢者・片手不自由者に朗報・・・
日本語簡単入力キーボードのデジタル技研トップページへ



2017年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

11/25
AIの進歩と人間(追記5)
11/18
オーストラリアで子育て
11/17
米国の最近のトレンド
11/17
デジタル化の落とし穴
10/25
政治と戦略
10/19
AIソフトの進化
09/19
孤独死解消に向けて
08/30
戦争と平和
06/10
ラジオの深夜放送
06/10
在宅医療の普及
05/30
コトバによる虚構(追記7)
05/02
書評「サピエンス全史」
03/18
注目されるAI囲碁(追記5)
03/18
トランプ大統領と人類(追記2)
01/07
2017新春3題(追記4)
12/15
無限数とコンピューター
11/07
センテナリアン
10/21
ノーベル文学賞
07/06
AIブームの到来(追記13)
06/16
時代と世の中(追記3)
04/16
重力波の予言と観測
03/18
囲碁ソフトの衝撃(追記5)
03/16
2016年新春3題(追記4)
09/01
不安の解消
07/09
遺伝とコトバ(追記4)
06/26
人間が生きるということ
06/18
コンピュター事始め(追記26)
06/07
文化・文明と真・善・美
06/06
人間とはなにか
05/30
ITとコトバ(追記9)
05/29
自然と文化・文明
05/26
自然情報と人間情報
05/24
人類の見る宇宙
05/23
幼児の記憶
05/20
コトバ習得の代償
05/16
初めにことばありき
05/10
遺伝と環境
05/08
コトバの習得の不思議
05/05
チンパンジーの赤ちゃん
01/07
新春3題(平成27年頭)
12/27
XPのサポート終了に物申す
11/27
ウェアラブル機器
06/30
情報の過去・現在・未来(追記18
05/27
情報と哲学的認識論
04/15
タッチパッドの問題点
01/12
ITと人権思想
01/08
新年のIT3題(追記2)
12/25
USBキーボード入力
12/25
IMEのユ−ザ−辞書入力の利用法
11/15
世界観とIT
10/16
ITの思いがけない効果
09/17
プログラマブル キーボード
06/12
ITと健康法
05/28
ITと考えるということ(追記6)
05/03
IT製品のすぐれもの2題(追記2
02/12
俳句と短歌
02/12
統計データ(追記5)
12/11
ユーロ危機の根本問題(追記2)
12/05
為替レートと電子産業の苦境
11/30
コトバの2つの使い方(追記3)
10/31
袋小路(追記7)
08/10
ソフト開発コストの回収
07/13
デジタルデータの市場(追記6)
06/12
多数決の意味(追記8)
06/09
ボランティア活動(追記6)
05/31
想定外の原発事故(追記4)
05/29
新メディア(電子書籍など)追記2
05/22
囲碁ルールと囲碁ソフト(追記3)
05/17
ITと脳のできること(追記4)
04/23
情報の起源と意味(追記5)
04/17
ピアノ演奏と文字入力(追記3)
04/06
日本語と中国語(追記6)
03/17
「かな」と「ハングル」(追記5)
03/14
ネットの面白い活用例(追記3)
03/13
タブレットPCの発売
03/07
アナログ/デジタルとソフト文化
03/01
日本の半導体産業のいくえ(追記2
02/21
PCと将棋棋士の対局(追記6)
02/18
スマホ、携帯、パソコン(追記2)
02/17
デジタル機器の汎用機と専用機
02/16
日中韓の「ことば」と相互交流
02/15
オカネとコトバの不思議(追記8)
02/14
観光立国とIT
02/12
日本語の国際化
02/07
日本語の特徴と文字入力

記事は85件あります。





社長のブログ



社長のブログは「デジタル技研専用SNS」へ引越しました。

こちらをクリック




  観光立国とIT 00000005 2012年02月14日 北村拓郎

 日本の先行きでの貿易収支の赤字が懸念されている。日本の貿易サービス収支の特徴は、旅行サービスが、大幅な赤字であることである。

 多くの潜在的な日本に訪れたい需要(観光需要やビジネス旅行)に恵まれながら、これを十分に生かしきれていないといえよう。
 
 これには、日本語は、言語系統が孤立的なことばで、多くの外国人には(中国人や、欧米人)、なじみにくい、日本語の事情もあるのではないかと思われる。言語の性質上、お互いに、多少なじみやすいといえる「ことば」は、韓国語の南北朝鮮だけである。
 
 ITを活用して、外国人にとっての日本語のなじみの悪さを克服することを考えてみよう。

 ・すべての公共アナウンス(空港や交通サービス)をスマホなどで、多くの外国語で
  、選択的に視聴できる(パソコンの文字入力は、多くの外国語で入力できるように)。
 
 ・あらゆる案内を(施設や、道路など)をスマホなどで、多くの外国語で、選択的に
  視聴できる(GPS機能を活用して)。

 ・すべての日本人と気軽に、翻訳デバイス(スマホあるいは、パッドパソコンなど)
  を利用して、会話できる(筆談と音声の併用)。

 いずれも、技術的に有効な手段は、ある程度あるが、完全な自動化は、難しいので、技術レベルに適した、社会システムや運用策が必要である。

 たとえば、データベースの構築は(ウキペディアのように、つねにアップデートを重ねる必要がある)、ひとびとのボランティア活動を組織するとか、翻訳は完全な自動化は難しいので、オンラインでの人間介入にたよる(翻訳介助は、ボランティア登録者)など、多くの工夫と試行が必要である。

 このような施策こそが、先行的に試行して、公共予算や制度の新設などで改善を重ねる特区構想にふさわしい(ビジネス界や、一般人のボランティアの協力が必要)。

 北村 拓郎 平成24年2月

 

 



 





節は全部で1節あります。


前頁へ戻る       閉じる
All rights reserved DigiTech Lab. ©2012